転地療法/Health Resort Therapy

転地療法/Health Resort Therapy

日常から環境の異なる地に移動して、滞在しながら保養することを目的とした療法で、気候や地形による刺激と気分転換による心理的効果が期待できます。
生活習慣病やアレルギー、老化に伴う身体機能の低下などには、豊かな自然の中、恵まれた環境のもと滞在しながらその環境や資源を組み合わせたプログラムが有効的です。
きれいな空気、日光、温泉(鉱泉を含む)、森林、地形、海、気候、植物、あるいは、食事、運動、休息、入浴、娯楽、睡眠など日常の「生活行為」をも包括したソフト開発が多種多様に開発できます。
ヨーロッパを中心に展開される各種自然療法、タラソテラピー(海洋療法)やバルネオセラピー(温泉療法)、フィトセラピー(植物療法)などはまさに転地療法の一つです。
他に馴染み深い日本の文化としては、「湯治」も転地療法の一つとして挙げられ、昨今では「ヘルスツーリズム」、「アウトドアフィットネス」といった概念を生みました。
これらをうまく組み合わせて利用できるスタイルのひとつとして、ドイツの「クアオルト」が好例として日本でも注目されています。